ホルモンバランスの乱れ

薄毛に悩んでいるのは男性というイメージがある方も多いかもしれませんが、近年女性で薄毛に悩む人は増え、その数は実に女性10人に1人とも言われています。女性の薄毛は男性の薄毛とはメカニズムが異なるため、男性と同じケアで良いわけではなく、女性の薄毛の原因に合った対策が必要になってきます。

女性が薄毛になる原因のひとつは、ホルモンバランスの乱れです。女性の社会進出が話題になって久しいですが、男性と同じとは言えない環境の中、必至に頑張っている女性が多いのが日本社会の現状です。

さらに現代の女性は過度に育児の負担を抱え込んでいることが多いものです。このように現代女性はストレスゆえに、ホルモンバランスが乱れてしまい、抜け毛や薄毛という悩みが増えてきました。


女性ホルモンを増やす

ストレスを軽減して、ホルモンバランスを整える必要があります。本来、女性が多くもつ女性ホルモンは髪を美しく育てる働きをもっています。また、過度な食事制限により女性ホルモンのバランスが崩れてしまうという現象が、特に若い女性に見受けられます。

美しくなるためのダイエットのはずが、髪のツヤをなくし、抜け毛を増やし薄毛にしてしまうのです。 男性ホルモンを減らして女性ホルモンを増やしましょう。そのために重要なのは、ストレスを減らすこと、冷えを予防すること、バランスのとれた食生活を送ることです。

まずは、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かり、リラックスして体を温めましょう。また、ビタミンやミネラルをしっかりとりましょう。また大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに有効です。意識して大豆製品を摂るようにしましょう。



AGAは男性ホルモンの影響の脱毛症なのでAGAと聞くと男性だけの悩みでしょとお思いになるかもしれませんが、男性ホルモンは女性にだって存在しているため、女性にも起こり得るようです。加齢によって女性ホルモンが減ってくると男性ホルモンの影響をうけてAGAも発症するらしいのです。AGAが気になる人に参考にしてほしいサイトはコチラ>>>参考サイト:AGAレスキュー隊